So-net無料ブログ作成

全く新しい有価証券運用ビジネス レビュー [Cash on Incentive]

全く新しい有価証券運用ビジネス

全く新しい有価証券運用ビジネス



ここで言う「有価証券」という名称は

一般的にはそう馴染みが無い言葉では無いかと思います。


そういった点も踏まえてあえて定義付けた言い方をするなら

有価証券とは「日本法における財産権を表章する証券」の事を言います。


つまり国が金銭的な価値を公的に認めている、

あらゆる証券を「有価証券」と定義しているのです。


その代表的なものと言えば「株式」や「為替」、

国が発行している「国債」等がそれに当たります。


これらの有価証券に関しては

投資という名目でそれを運用している人が数多くみられ、

そういった有価証券は特定の取引市場が存在する事が普通であり、

その市場を介した売買がその主な運用方法となっています。


その市場で売買が行われる事で常に相場が変動していくのです。

Cash on Incentive

Cash on Incentive


しかしわたしが目を付けた有価証券は

そういった市場のようなもの自体が存在致しません。


故にこの有価証券においては常に変動するような

相場というもの自体が存在しないものとなっているのです。


そういった相場変動が無いという事は

それを運用していく上でのリスクも存在しない事になります。


わたしが目を付けたのはまさにそこでした。


つまりこの有価証券においては

常に国が公的に定めている一定の金銭価値が存在し、

それが変動しないものである以上、

リスクという概念を無視してその運用を行えると考えたのです。


キャッシュオンインセンティブ

キャッシュオンインセンティブ

キャッシュオンインセンティブ



その上でこの有価証券は全国に設置されているある機関で

そのままの現金化が出来る事がわかりました。

即金ビジネス

そこでわたしがまず考えた事は、

その有価証券を規定の金銭価値を下回る

一定金額以下の金額で取得する事ができないか

という事であり、

もしもそれが可能となれば

その有価証券自体に一定の金銭価値が決まっている以上、

ある程度の収益は間違いなく見込める事になる

と考えました。


ただその有価証券に決められた金銭価値がある以上、

当然それをその金銭価値以下で手に入れる事は容易では御座いません。


全く新しい有価証券運用ビジネス

全く新しい有価証券運用ビジネス

株・為替でも無ければ国債などでも無い全く新しい有価証券運用ビジネス

株・為替でも無ければ国債などでも無い全く新しい有価証券運用ビジネス

言うなれば1000円札紙幣を

1000円以下の金額で手に入れるようなものだからです。


しかしその有価証券においては

それが可能性としてゼロでは無いと思える要素が御座いました。


それが先程お伝えした新興サイトの存在だったのです。


というのもそのサイトは

もともと有価証券を提供する事が目的のサイトでは無く、

そのサイト上である手続きを踏むと

結果としてその有価証券が取得出来てしまうという

他のサイトには無い特性を持った新興サイト

となっていたため、

その特性を上手く利用すれば、

本来の金銭価値を大きく下回る金額で

その有価証券を手にする事も可能と考えられたのです。


そしてわたしは早速そのサイトの特性を踏まえた作業をこなしていき、

実際にその有価証券を取得する行程を踏んでみたのでした。


>>更に詳しい内容はこちらから



せどりで生計 アフィリエイトで稼ぐ方法 オークションで稼ぐ方法

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。